ライザップで肉体改造

美腸習慣を取り入れて痩せ体質に(その2)

・排便したらすぐにチェック!
腸内環境を一番わかりやすく伝えてくれるのが朝の便です。形がちゃんとあり、水分がそこそこ含まれている便が理想です。色が濃いほど悪玉菌が多い状態です。便の状態が良くなければ、水分を意識的に取ったり食物繊維の多い食事を取るようにしたりなど、改善していけます。嫌かもしれませんが、毎朝便をチェックして今の腸の状態としっかり向き合うことが大切なのです。

・歩きがてらにスキップやジャンプを
下半身を揺らして腸を外側から刺激するのもぜん動活動をアップさせる秘訣なのです。ヨガは腸を刺激するポーズが多いのでおすすめですね。ヨガをする時間がない人は手軽に刺激できるジャンプでもいいです。歩きがてらにスキップをするのも刺激になります。周囲に人がいなければ、階段を下りながら化半身を揺らして踊るようなステップで下りてみたり︙など身近なところで取り入れればいいと思います。

・20分のウォーキングを週3回
適度な運動を定期的に続けることが自律神経を整えるポイントです。自律神経は排便のリズムも整えるので、ストレスや苦にならない程度の運動を習慣づけるようにしましょう。週に3回、20分のウォーキングが理想です。約1駅分歩けるといいですね。そのときに下半身の筋肉を使って歩くということを意識しましょう。お腹やおしりの筋肉を鍛えれば排便をするときに、いきむ力もアップします。

・姿勢を正して骨盤の歪みをなくす
姿勢を正して骨盤の歪みを整えることが腸の動きを良くするためには必要なことです。腸を支えるお腹まわりの筋肉もしっかり鍛えるようにしましょう。女性はいきむ力が弱くて便を出しきれない人がおおいです。それは骨盤の歪みからくる筋肉のゆるみや偏りが関係しているということです。普段からおへその下の丹田を意識して体幹を整えていい姿勢を保つようにしましょう。

・前かがみの姿勢をし、排便センサーをいれる
便意がなくても排便センサーを入れることは重要です。毎日決まった時間に便座に座り少しだけ前かがみになると排便スイッチがONになります。「考える人」をイメージしてかかとを30度くら軽く座ると下腹部に適度な圧力がかかって便が出やすくなりませんね。


ライザップ コラムメニュー

ライザップの無料カウンセリング

ライザップのカウンセラー

カウンセリング風景

ライザップでは、入会前にまずは無料カウンセリングを受けてもらいます。 ここで、まずは専門のカウンセラーがあなたとじっくりお話させて頂いています。

どんな身体になりたいのか?
気になるところはどこなのか?
今までダイエットをしたことがあるのか?
普段の生活はどんな感じなのか?
病院に通っているか?持病はあるのか?
トレーニングはどんな感じでやっているのか?
食事制限はどんな感じなのか?
途中で挫折しそうになったらどうしたらいいのか?
自分でもやれるのかどうか?
などなど、あなたの気になること、質問、実際のトレーニングルームの見学なんかもOKです。

この「無料カウンセリング」は、お客様のご不安な点や不明な点を解消するとともに、お客様の希望をお聞きして、その場で無理な勧誘などは一切行っていませんので、ご安心下さい。 一度帰ってじっくりご家族の方ともご相談の上、十分に納得されたあとでのご入会となりますので、 入会前のお客様には、安心してカウンセリングを受けることが出来ます。

ライザップの詳細

サブコンテンツ

全国のライザップ店舗

北海道

東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州

ライザップコレクション

ライザップコレクション

ライザップメソッドに基づく食事とサプリをご提供しています。 ライザップコレクション→

ライザップスタイル

ライザップスタイル

今までライザップになかなか入会できなかった方に朗報です! ライザップスタイル→

グローバルエクサ

グローバルエクサ

EMSベルトの決定版!ライザップ監修のグローバルエクサが遂に登場!! グローバルエクサ→

ロカボカフェ|LOCABO CAFE

ロカボカフェ

ライザップ監修の低糖質レストランが遂にオープン!! ロカボカフェ→

ライザップのお約束

このページの先頭へ